■就職活動お役立て表

就職活動はポイントとタイミングが大切です。一連の流れを知り、あなたに合った就職先を見つけましょう!!

●初期活動段階

就職活動を開始するにあたり、自分のやりたいことが出せなくて悩む人が多い。そのためやる気を見せずに、ずるずる時間ばかりすぎていくことがしばしばあります。初期の段階では、やりたいことがわからなくて当然のこと。就職活動をする中で見つけていきましょう。

●中期活動段階

いよいよ本格的な活動開始!! エントリーシート・履歴書の提出。志望企業のセミナー・会社説明会・筆記試験・面接など、活動中でもっとも忙しい時期になる事でしょう。

●最終活動段階

無事内定獲得!! ゴールです。無事に就職が決まり、やっと一息つける時期。 ですがゴールといっても、実は社会人のスタートラインに立ったに過ぎません。気を抜きすぎず、この就職活動で得た体験を財産にして頑張って下さい。

▼就職活動 START(時期は目安です)
8月半ば~ ■就職ガイダンス
企業の採用活動は年々早まってきています。3年生に対する「就職ガイダンス」もそれに合わせ早くなってきています。強制出席ではないですが就職戦線の最新情報が得られ、早めの一歩として是非参加しておきたいところです。
9月~ ■自己分析
自分にとって最適な会社をどう選ぶか、その選択基準を見つける作業です。「自分を深く知り、適職を探す。」「会社に自分を知ってもらう、自分を売り込む。」という大きな目的があります。
10月~ ■業界研究・企業研究
広い視野でさまざまな情報源にあたって研究しましょう。就職情報誌、インターネット就職サイトなどが、現代の主流のようです。
11月~ ■OB・OG訪問
忙しい合間をぬって時間を割いてくれる先輩に対して、約束の日時を厳守すること。事前に質問事項を用意することは最低限のマナーです。
3月~ ■エントリー開始
説明会やセミナーへの参加を申し込むこと。なるべく早めにたくさんの企業へアプローチをして、自分にあった企業を見つけよう。
  ■会社説明会
より多くの企業から情報を集めるまたとないチャンス。「何となく」参加するのでは意味がありません。とにかく知りたい情報を積極的に集め、自分に最適な企業か見極める大事な機会です。
  ■会社訪問
事前予約をとっておくこと。履歴書や成績証明書などの書類の準備はもちろん、企業から提出書類の指定がある場合は早めに準備しましょう。自己PRや志望動機、質問などもう一度整理しておきましょう。ここ一週間くらいの新聞記事は要チェック!!「会社訪問」=「一次面接」のつもりで準備万全にしておきましょ う。
  ■筆記試験・小論文
高校程度の数学の公式、就職試験の漢字や傾向対策の本をこなしておきましょう。新聞は毎日読み、時事用語や業界用語のチェックをしておきましょう。
また、いろいろなテーマで短い時間に文章を書くことに慣れておきましょう。
  ■面接
第一印象が大事。表情豊かに話しましょう。面接官が学生を見る視点としては「志望動機」「協調性・コミュニケーション能力」「態度・心構え・基本的マナー」「人柄・雰囲気」。
自分が何をしたいか、何ができるかしっかりアピールしましょう。
なるべく結論を述べてから、理由や内容を説明しましょう。自分の意思をしっかりと持つことが一番大切です。
★内定決定 GOAL!!
知っておきたい基本マナーと注意

●電話

「言葉遣い」「応答のしかた」に十分注意!「今、お時間よろしいでしょうか。」「お忙しいところ申し訳ございません。」と必ず一言添えて本題へ。最後は必ずお礼を述べ、相手が受話器を置いたことを確認してから、電話を切ること。 携帯電話は聞きとりづらい、途中で切れてしまうなどの恐れがあります。なるべく避けたほうが良いでしょう。

●Eメール

電話のように相手の時間を独占しないことがメリットですが、緊急の場合いつ目を通してもらえるか分かりません。また、確認が必要な用件には適していません。

●手紙・ハガキ

ワープロ作成は厳禁。必ず手書きで。黒のボールペンで、丁寧にきっちりと。間違えたら、新しい紙に書き直しましょう。宛名において人名には「様」組織に対しては「御中」と書きましょう。

訪問時の服装と身だしなみ
訪問時の服装と身だしなみ